withCUBIC Lite

うぃずきゅーのふろく。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
がりです。

今度はチーズ入り食パン。
プロセスチーズとカマンベールを入れました。
冷蔵庫にあったクラフトの切れてるチーズを使ったら
うすーく切れてるので、チーズシートのような感じになりました。

前回の反省をふまえ、粒マスタードをたっぷり入れてみた。
辛味がほとんどないマイルドタイプなので、たっぷり入れるのが良いみたい。
20090223-1.jpg

スポンサーサイト
がりです。

またパンです。
今度はチーズとベーコン入り。
焼き時間は200℃で35分。
もう少し低い温度で長めに焼いても良いかも。
上にのっけたチーズはすぐに焦げちゃうので、次は早めにアルミホイルをかぶせよう。
20090217-1.jpg

がりです。

今日は友人と銀座にお出かけしました。
遅ればせながらH&Mに行ってみたり、ブラブラお散歩楽しかったです(^^)
矢場とんの味噌カツが超美味しかった!
また行きたいぞー。

昨日(土曜日)はお仕事だったので、帰ってきてからバレンタインデー仕様のくるみチョコパンを焼きました。
チョコは生地に練りこんだもの&チョコチップのはずだったんですが、気温が高すぎてチョコチップはほとんど溶けてしまったようです・・・(。-ω-)
土曜日はまさかの半袖でしたから。
20090215-04.jpg

溶けにくいチョコを使うべきでした。
ローストしたくるみも温かいまま入れてしまったのも良くなかったんだと思います。
夜だったので早く焼きたかったんですけど
あせりは禁物ってことですねぇ。

チョコが溶けてしまったので生地が重めになりましたが
ケーキ風ってことで。
おなべです。
仕事が早めに終わったある日、帰りに寄り道してノートパソコンのカタログを集めてきました。
20090215-01.jpg

私が今使っているのはWindows2000なので、最近はいろいろ制約に引っ掛かるんですよね。
夏ころUSBがちゃんと認識できなくなったりもう十分調子悪かったんですが、どうしてもThinkPadが使いやすかったのでThinkPadで買い替えを狙ってました。
が、高い。。。見積もりすると30万超え。

で、諦めて他のメーカーにすることにしました。
おなべです。
2月14日といえばバレンタインデー。
今年は逆チョコが話題になっていましたが、業界全体ではなくて森永が提案したのかな。
森永だけが逆チョコ商品を出していたので。
そもそも、どっちが贈るとかより自分の食べてみたいチョコを食べる日になっている我が家にはあまり関係ないですが。
20090214-01.jpg

がりです。

今年も申告の季節がやってきました。
家サイトwith CUBIC住まい日記を更新しました。のぞいてみてくださいね。

家ネタとしては、エコ関連(主に計測&節約)をけっこう真面目にやっています。
あとは住宅ローン借り換えを検討中。
(いずれもちっともアップしてないのですが・・・( ̄_ ̄ i))
おススメ銀行とかお役立ち情報があったらこっそり教えて下さいー。

住宅ローンはまだまだまだまだ先が長いので(あと28年以上)、
金利がちょっと安いのに借り替えるだけでも総支払額はだいぶ変わってきますね。
うーん、悩ましい。


さてと。
タイトルの『レーズンチョコパン』
2月はチョコレートの月なので、あまーいパンを焼いてみることにしました。

ガーナブラックチョコレートをレンジでチンして、生地に混ぜ込みました。(1斤で40g)
ココアパウダーなどは入れずにこの色です。
さらにレーズンと一緒に大きめに砕いたガーナミルクチョコを投入。
20090208-1.jpg
がりです。

今日は会社帰りに20世紀少年<第2章>を見てきました。
えーと、
えっとー。。。
ネタバレしちゃうのでノーコメントで。(笑)

先週、クオカで、パン作りの道具をいろいろ買いまして。
先週末はパン作りに励んでおりました。
買ったものは
パンケース(1斤用)、ペストリーボード、めん棒、ドレッジ、洗って使えるクッキングシートなどなど。

ホームベーカリーのパン生地コースで生地を作り、その後の
分割、丸め→ベンチタイム→成形→ホイロ→焼く
といった工程はホームベーカリーを使わずに自分でやってみました。

ホイロ前のレーズン食パン。
20090201-1.jpg

おなべです。

またまたエスプレッソの本が出たので買ってしまいました。

CafeRossoのオーナー、門脇洋之さんの本です。

本というかDVDがメインですね。エスプレッソの淹れ方とラテアートの方法をDVDで見ることができます。

ラテアートのところではスロー映像もあるので、じっくり見入ってしまいます。

ガラス容器を使って水をスチーミングする映像では、どのようにミルクを撹拌すればいいのかとても参考になります。

ただ、残念なのは、使用しているエスプレッソマシンが業務用のLaMarzoccoなので、スチームの威力が全然違うことを思い知らされるだけです。
家庭用マシンでもやってくれると嬉しい気がしますが、そういうわけにも行かないんですかね。

あぁ、100万ポンと使いてー(-。-)ボソ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。